乾燥肌を予防するためのスキンケア方法

スキンケアで乾燥肌を改善しようと考えると、化粧水や乳液による保水や保湿による肌ケアを考える場合がほとんどです。肌のお手入れとはスキンケア用品を使うことだと思っている人もいますが、それ以外にも乾燥肌ケアはあります。顔の洗い方は、肌ケアの成果を大きく左右します。洗顔のやり方を変えたことで、乾燥肌がよくなることがあります。肌への負担を軽減することが、乾燥肌対策にはとても大切になります。適切なスキンケアを行うには、肌についたままの汚れや毛穴の詰まりはよく洗ってから、肌の保湿能力が復活するよう時間をおきます。洗浄力の強いクレンジング剤は、アイメイクや唇の周りなど、必要な場所にだけ使うというめりはりも大事です。毛穴の汚れをきれいに落とすことはスキンケアの基本の一つではありますが、洗浄効果の強いクレンジング剤や洗顔剤は、肌を傷めてしまいます。人によっては、皮脂の分泌量が多いけれど、乾燥肌がちだという人もいます。洗顔剤で弾力のある泡をつくり、顔をこすらないようにして泡で汚れを浮き上がらせます。こびりついた汚れを念入りに落とすという時でなければ、石鹸は使わないようにしたほうがいいようです。洗顔の時に使うお湯の温度は乾燥肌の人であれば26~28度が適温です。浴槽のお湯の適温が38度~42度であることを考えれば意外に低い温度だと分かると思います。肌に刺激のあるものを触れさせない、つよくこすらないことが乾燥肌対策の基本です。顔を拭く時も柔らかいタオルでそっと水分を取り除きます。乾燥肌で困っているという人は、これらの点に気をつけながらスキンケアを継続していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です